大人女子ヤギネの食レポブログ

大人女子(ベテラン)の食レポブログ。お取り寄せスイーツ、グルメを中心に、ちょっと変わった食べ物・飲み物を紹介しています。

ピータンを2種とシエンタン2種を食べ比べてみた!

ピータン2種とシェンタン2種を食べ比べ

f:id:yagine:20190403145402p:plain

※訂正:画像の文字ではピータン4種となっていますが、うち2種類はシエンタンでした。

こんにちは、食の探究者ヤギネでございます(・ω´・+)

先日、父がまたしてもアジア人が経営する輸入食材の店に行き、いろいろ買いこんできました。
気になるものはいろいろあったのですが、今回特に目についたのはピータン。

f:id:yagine:20190403145527p:plain

なぜこんなに大量に(゜□゜;;

父は嬉しそうな顔で「 いろいろ味が違うらしいぞ! 」と言っていたけども、なにも一度にこんなに買ってこなくても。

パッケージの原材料を見た母・みえ子が今更ながら

「 ピータンってアヒルの卵なの?! 」と驚いていた。
私、それ前にも説明したことあるやん(´・ω・`)

で、それに対して父がドヤ顔で
「 なんだ、お前、そんなことも知らなかったのか。ピータンはガチョウが生むからアヒルの卵なんだぞ 」
 とカオスな回答をしていた。

… またしばらく食料棚が圧迫される(´・ω・`)

ピータンについて

ピータンとは中国の食べ物で、鳥の卵(主にアヒル。鶏やウズラなどの他の鳥でつくられることも)を発酵させたもの。
アンモニアの匂いがするうえ、見た目がけっこうグロテスクなので苦手な人も多いですね。
うちの家族も、母は苦手で嫌がります。

ピータン食べ比べ

では、今回父が買ってきた4種のピータンを順番に食べ比べていきましょう。
食べ過ぎはよくないと聞くので、4分割して1切れずつ食べてみました(`・ω・´)
さすがにピータンを1度に4個食べるのはきつい(´∀`)

※ 2019年4月4日20時訂正:コメント欄にて、これから紹介するピータンのうちCとDは、「 ピータンではなく、シエンタンではないか 」とのご指摘をいただきました。
調べてみると、まさにシエンタンΣ(・ω・
シエンタンとは、中国、東南アジアで食べられているアヒルの卵の塩漬けです。

ご指摘くださった御方、ありがとうございます!
知識が増えました(*´ω`*)

ピータンA

まずはこちらのピータン。
名前は読めないのでとりあえずピータンAとしておきましょう。

f:id:yagine:20190403151229p:plain

ぱっと見、ノーマルなピータンですね。
真ん中の黄味の部分が少しどろっとしております。

f:id:yagine:20190403151258p:plain

原材料はこちら。

f:id:yagine:20190403151313p:plain

お茶、入ってるんですね。

味のほうは、いたってシンプルなピータンです。
ピータンらしいピータン。
匂いも尖ってなくて、食べやすい。

ピータンB

続いてピータンB。

f:id:yagine:20190403151602p:plain

これは以前にも父が買ってきたことがあるので、食べたことあります。

f:id:yagine:20190403151625p:plain

たまたまかもしれませんが、Aよりも黄味が固まってますね。

f:id:yagine:20190403151651p:plain

原材料はAと全く同じです。

こちらもピータンらしいピータンだったんですけども、アンモニアの風味がAよりも強かったです。
味もちょっとクセがある感じ。

 

ピータンC

※ 訂正:ピータンではなくシエンタンでした
続いてピータンC

f:id:yagine:20190403151924p:plain

灰色がかった白っぽい色のピータン。
ピータンって黒っぽいのしかないと思ってたから、殻を剥いた瞬間びっくりした。

f:id:yagine:20190403152012p:plain
黄味の部分はやや溶けていますね。
原材料はAともBともちょっと違う。

f:id:yagine:20190403152041p:plain

あひるの卵と塩のみ。
だから色が白いままなのかな。

味のほうはといいますと、しょっぱいです。
塩味の卵。
私のイメージしてたピータンとは全然違いました。

ピータンD

※ 訂正:ピータンではなくシエンタンでした
最後はピータンD。

f:id:yagine:20190403152229p:plain

Cよりもさらに白いピータン。
もはやゆで卵に見えます。

f:id:yagine:20190403152251p:plain

原材料もCと同じ。

f:id:yagine:20190403152308p:plain

てか、品名も「 茹で塩卵 」ですやん(´∀`)

味は、強烈にしょっぱい。
Cもしょっぱかったんですけど、これはさらにその上をいっています。
私にはちょっとこのまま食べるのがツライレベルです。
料理の味付けとかに使う感じのものじゃないのこれ(;´・ω・)

まとめ

f:id:yagine:20190403152523p:plain

※訂正:真ん中の2種はシエンタンです


個人的には、ピータンAが一番美味しかったです。
CとDは、そのままだとツマミとしてもしょっぱすぎるかな。

賞味期限、一番近いやつでも半年以上もつし、まあ、ゆっくり父に消化していってもらいましょう。
父があんまり食べないようだったら、家の前に住んでるミャンマー人たちにこっそり渡してこようかな(´∀`)

++感想++
新しい発見:★★★★
卵食べ過ぎた:★★★★★
困ったときはミャンマー人:★★★★★


以上、2種類のピータンと2種のシエンタンを食べ比べた感想でした(・ω´・+)

 

 

アジアの食べ物 

www.yagine.work

www.yagine.work

www.yagine.work

 

スポンサードリンク