大人女子ヤギネの食レポブログ

大人女子(ベテラン)の食レポブログ。お取り寄せスイーツ、グルメを中心に、ちょっと変わった食べ物・飲み物を紹介しています。

いぶりがっこ(漬物)のチップス「カリッキ-」を食べた感想。

いぶりがっこチップス カリッキー

f:id:yagine:20181203152816p:plain

こんにちは、ヤギネでございます(・ω´・+)

先日、ヴィレヴァンの食のセレクトショップHomecomingにて、ちょっと変わった食べ物を買ってきました。
それがこちら。
いぶりがっこ*ドライ「 カリッキー 」

f:id:yagine:20181203152912p:plain

いったいどんな食べ物なのでしょうか?

カリッキーについて

この「 カリッキー 」は秋田県の(有)伊藤漬物本舗さんの商品です。
昭和40年創業の漬物屋さんで、コンセプトは「 漬ける 」と「 燻す 」

いぶりがっこ(いぶり漬け)は、秋田県の郷土食
 野菜(主に大根)を燻製にしてから漬物にしたもの。
「 がっこ 」とは秋田弁で「 漬物 」の意味だそうですよ。

そう、この「 カリッキー 」はこう見えて漬物なのです。
いぶりがっこの皮の部分を薄くスライスして乾燥させた、新食感のお漬物

f:id:yagine:20181203154208p:plain

名称も「 ぬか漬け 」になっていますね。
材料には国産の大根が使われています。

食べ方はそのまま食べる他、ふりかけにしたり、トッピングしたり。

f:id:yagine:20181203154307p:plain

「 開封してしばらくすると漬物にもどる 」って説明もむっちゃ気になりますね。

カリッキーを食べた感想

f:id:yagine:20181203154528p:plain

では、さっそく食べてみましょう。

見た目は「 乾物 」って感じですね。
そのまま食べるものじゃないみたい。

f:id:yagine:20181203154606p:plain

でも、香りはむっちゃ「 いぶりがっこ 」です。
燻製の良い匂い(*´ω`*)


では、さっそく食べてみましょう(`・ω・´)人

商品説明では「 サクっと ふわっと 」って書いてあったんですが、そんな感じではないですね。
その名の通り「 カリッ 」っとしてます。
もしくは「 バリッ 」かな。
けっこう硬いのでふわっと感はないですね。

で、味はまさに甘めの「 いぶりがっこ 」
口に入れた瞬間、燻製の風味がふわーっと広がります。
実際の漬物ほど濃い味ではないですね。
やさしい、ふんわりとした漬物味です。

おつまみにするなら、合わせるお酒は日本酒かなー。
炭酸入ったやつとか白ワインに合わせるには、ちょっとカリッキーの味が薄いかも。

「 開封してしばらくすると漬物にもどる 」ってことなので、お皿に空けて半日くらい放置してみました。
結果、「 漬物にもどる 」は言いすぎだけど、しんなりした食感に変わりました。
見た目は変わりませんが、尖った食感がなくなり、歯が弱い人やそのままだと硬すぎるって人にはちょうどいいんじゃないでしょうか。

そのまま食べるよりトッピングとして使ったほうが活かせそうな感じだったので、ポテトサラダにのせてみました。

f:id:yagine:20181203160117p:plain

見た目はちょっとアレな感じです(笑

でも、食べてみるとポテトサラダに燻製の風味と漬物の甘味が加わって、むっちゃ美味しい!
この食べ方、オススメです(`・ω・´) 

 

★まとめ★
・いぶりがっこ100%
・大根の皮の部分を使用
・放置することで食感が変わる


以上、いぶりがっこ*ドライ「 カリッキー 」を食べた感想でした(・ω´・+)

 

 

チップスに関するその他の記事 

www.yagine.work

www.yagine.work

www.yagine.work

 

 スポンサードリンク