大人女子ヤギネの食レポブログ

食べ物・飲み物が大好きな大人女子(ベテラン)の食レポブログ

「くるくるたこやき」を独身の大人が真剣に作った感想。

くるくるたこやき

f:id:yagine:20181128154719p:plain


こんにちは、ヤギネでございます(・ω´・+)

独身のいい年した大人が真剣に知育菓子を作るシリーズ
本日は近所のドラッグストア:ゲンキーにて、こちらを買ってまいりました。


クラシルの「 くるくるたこやき 」

f:id:yagine:20181128154834p:plain

タコがタコ焼きを作っているという超自虐的なパッケージ

さあ、今回も大人の実力というものを見せつけてやろうではないですか(`・ω・´) 

 商品の中身

こちらのお菓子は、水を用意するだけでたこ焼きが8個作れる画期的な商品でございます。

中身はこんな感じ。

f:id:yagine:20181128155158p:plain

トレー、スプーン、爪楊枝、マヨネーズのもと、生地のもと、ソースのもと、タコのもと。

下準備として、最初にトレーをこのようなパーツに切り分けておきます。

f:id:yagine:20181128155642p:plain

では、れっつクッキングタイム( ノ・ω・)ノ

作り方

 まず最初に、タコから着手します。

一番窪みの面積の広いトレーに「 たこのもと 」という怪しげなパウダーを入れ、付属の軽量カップ(トレーを切って作った)1杯分の水を入れ、混ぜます。

f:id:yagine:20181128155831p:plain

『 生臭かったらどうしよう 』と、ドキドキしながら匂いを嗅ぐと、予想外にソースっぽい香りがするΣ(・ω・
このビジュアルでソースの香りとか、なんという違和感。

しかも、なかなか粉が混ざらずバラバラになってしまいます(´;ω;`) 
追加で水を足そうか真剣に悩みましたが、自分を信じて混ぜ続けていたら、なんとかまとまりました。

f:id:yagine:20181128160101p:plain


で、お次はタコの型を取り出します。
けっこう細かくてびっくり。

f:id:yagine:20181128160212p:plain


これに先ほど作ったピンクの塊を押し付けて、タコを8個作ります。

f:id:yagine:20181128160252p:plain

こんな小さいの、ぐちゃぐちゃになるんじゃないかと心配しましたが、意外にもキレイにできました。
さすが大人の私。

f:id:yagine:20181128160328p:plain

下の二つは手を抜いた感が出ていますが、気にしないでください。

続いて、マヨネーズ作りです。
先ほど使ったトレー上に封を開けたマヨネーズのもとの袋を立たせ、水を計量カップ1杯入れます。

f:id:yagine:20181128160601p:plain

で、このままよーく混ぜる。
角の部分が混ぜにくいので注意してくださいね。

f:id:yagine:20181128160650p:plain

マヨネーズそのものとは言えないまでも、マヨネーズ風の香りがします。
ちょっとびっくり。
で、混ぜ終わったら、折り線でたたんで置いておきます。

f:id:yagine:20181128160750p:plain

さあ、お次は生地作りです。
トレーに生地のもととカップ2杯分の水を入れ、よく混ぜます。

f:id:yagine:20181128161345p:plain

先ほどのタコもどきとは打って変わってドロドロです。
で、これをたこ焼き型トレーに注ぎます。

f:id:yagine:20181128161424p:plain

ちょっとダマになってます。
良い子のみんなは、もっと真剣に混ぜましょうね。

f:id:yagine:20181128161510p:plain

うん、液の分配を誤った
左上から順に注いだのですが、最初のほうがやたら多くて、「 あ、足りないかも 」と思い始めた2列目の左端から量が極端に減っています。
なんとかしてスプーンで調整しようと格闘。

でね、本来なら次の工程は「 タコを生地に入れる 」だったんですよ。
過去形になっているってことで、もうなにが起きたかおわかりですね?

生地のバランスに妥協した私は、それをレンジに入れます。

f:id:yagine:20181128162015p:plain

500Wなら約40秒600Wなら約30秒加熱します。
うちのレンジは旧型なので40秒です。

焼き上がりがこちら。

f:id:yagine:20181128162159p:plain

おお、蒸しパンみたいじゃないの(*´ω`*)

で、ここでようやく「 タコ入れてない 」って現実に気が付いて、途方にくれます。

f:id:yagine:20181128162247p:plain

まあ、でも、終わったことは仕方ありません。
過去は振り返らず、先に進みましょう
私の人生は前進あるのみです。

爪楊枝を使って、たこ焼きを1つずつひっくり返していきます

f:id:yagine:20181128162410p:plain


丸っこくなりました。

f:id:yagine:20181128162429p:plain


で、次はソース作り。
小さなトレーにソースのもとと、カップ1杯分の水を入れて混ぜます。

f:id:yagine:20181128162509p:plain

たったこれだけでソースは出来上がり。

さあ、あとは仕上げです。

ここで再び現実と向き合い、生地に穴をあけてタコを突っ込もうとしたものの上手くいかず、仕方なく上にのせます

f:id:yagine:20181128162652p:plain

大丈夫。
タコがなかにいようが、外にいようが、味は変わらない。
問題は、タコの部分が過熱されていないってことなんだけど、きっと大丈夫。

※でも、よいこの皆は真似しちゃだめだよ |ω・`)

これにソースとマヨネーズをかけたら完成です。

f:id:yagine:20181128162902p:plain

ふぅ、達成感(`・ω・´) 

では、食べてみましょう。
どんな味なのか全く予想できなくてちょっと怖い。

f:id:yagine:20181128163016p:plain

いただきます(`・ω・´)人

!!!!!!!
ちょっと!!!!!
信じられないことに、これちゃんとたこ焼きの味がするんですけど!!!!

びっくりした。
食感はたこ焼きじゃないけど、味はちゃんとたこ焼きもどきになってる。
ピンクの物体も、ちゃんとタコっぽい。

まさか、こんなに味の完成度が高いとは思いもよりませんでした。
すごいな、最近の知育菓子。

 

★まとめ★
・たこ焼きが作れる知育菓子
・たこを入れ忘れてはいけない
・たこ焼きの味がする!!!


以上、「 くるくるたこやき 」を真剣に作った感想でした(・ω´・+)

 

★★オマケ★★

偶然にもアヘラさんが同じタイミングで大阪のビールに合うタコ焼き屋さんの記事を書いていたので紹介させていただきます(*´ω`*)

blog.ma4yi1ji2.com

無造作な盛り付けのたこ焼きがとっても美味しそう♡
うちの近辺ではたこ焼きと一緒にビールを売っているお店はないので、とても新鮮です。
さすが大阪!



「 たのしいケーキやさん 」にも挑戦してます。

www.yagine.work


楽天市場:2018年11月28日時点

 


スポンサードリンク