大人女子ヤギネの食レポブログ

熟女の食レポブログ。お取り寄せスイーツ、グルメを中心に、ちょっと変わった食べ物・飲み物を紹介しています。

豚タンハム+血のソーセージ!ツンゲンブルートヴルストを食べるよ。

ツンゲンブルートヴルスト

f:id:yagine:20200517141300j:plain

こんにちは!食レポ熟女ヤギネでございます(・ω´・+)

先日お取り寄せした静岡県の本格派ハム工房レッカーランドさんの商品の中から、本日も1つ、紹介しようと思います。

基本、ヤギネの好奇心をくすぐってくれるものばかり選んでいるので、オーソドックスなものはほとんどありません(ノ´∀`*) 


今回紹介しますのは、こちら。
ツンゲンブルートブルストでございます。 

ツンゲンブルートヴルスト

パッケージに入った状態の写真も撮ったつもりだったのですが、よく似た他の商品と間違えており、ありませんでした(ノ´∀`*) 

ちょっと不思議な見た目のこのソーセージ。
いったいどんな食べ物なのでしょうか?

ツンゲンブルートヴルストについて

Zungeはドイツ語で「 舌 」
Blutwurstは「 血のソーセージ 」です。
つまり、ツンゲンブルートヴルスト(Zungenblutwurst)は豚タンの入った血のソーセージです。

血のソーセージは「 ブラッドソーセージ 」と言われ、ソーセージの中に血を混ぜ込んだもの。
通常のソーセージよりも色が黒ずみ、血の風味のクセがあるのが特徴。
また、血が使われているため鉄分も豊富です。

世界のいろんな地域で食べられており、イギリスの「 ブラックプディング 」なんかも有名なのでいつか食べてみたいと思っております。


今回購入したツンゲンブルートヴルストは食べやすく6枚にスライスしてありました。

タンの形がしっかりとわかりますね。
ヤギネはタンが大好きで、焼肉に行くとタンばかり食べています(*´ω`*)

ツンゲンブルートヴルストを食べる

では、さっそく食べてみましょう。
商品ページには「 カナッペやパンにのせて 」と書いてありましたが、とりあえずそのまま食べてみます。

タンだから硬めの食感かと思ったら、すーっと歯で切れる程度に柔らかいです。
ソーセージらしい食感。
タンの部分とブルートヴルストの部分の食感の違いは、ものすごく意識しないとわからない感じ。
クセや臭みは全然感じなくて、ブルートヴルストよりもタンの味のほうが優勢ですね。
味は思っていたよりも塩分少なめ。
味もあっさりとしています。

続いて、クラッカーにのせて食べてみました。

うん、悪くはないけど、ツンゲンブルートヴルスト自体の塩気が薄めなので、無塩クラッカーでは味がぼんやりとしすぎる。
塩気があるクラッカーにするか、バターやチーズと一緒にのせたほうがいいと思います。

残りは、そのままバクバク食べちゃいました(ノ´∀`*)  

++まとめ++
・豚タンのハム+血のそーせじ
・柔らかめの食感
・味はクセがなくあっさりめ


以上、ツンゲンブルートヴルストを食べた感想でした(・ω´・+)
最後まで読んでくれてありがと( ノ・ω・)ノ
 

利用したショップ

 

ドイツコンビーフの感想

 

合わせて読みたい