大人女子ヤギネの食レポブログ

熟女の食レポブログ。お取り寄せスイーツ、グルメを中心に、ちょっと変わった食べ物・飲み物を紹介しています。

 食べる宝石!ドライオレンジチェリー(食用ホオズキ)を食べるよ【食べチョク】

百笑農房 ドライオレンジチェリー

f:id:yagine:20200317090305j:plain

こんにちは!食レポ熟女ヤギネでございます(・ω´・+)


本日紹介しますのは食べチョクにて、長野県の農家:百笑農房さんからお取り寄せしたこちらの商品。

ドライオレンジチェリー、3袋セットです。

ドライオレンジチェリー 食べチョク

オレンジチェリーってなんだろうと思ったら、食用ホオズキのことなんですって。
ゴールデンベリーやら、フルーツホオズキやら、いろんな呼び方があります。
食用ホオズキは食べたことがあるのですが、ドライフルーツになっているのは初めて見ました!

ヤギネは美容に気を使う熟女なので、おやつはなるべくならドライフルーツやナッツにしたい派。
どんな味なのか楽しみです(`・ω・´)

オレンジチェリー(食用ホオズキ)について

ホオズキは意外にもナス科の植物。
漢字では「 鬼灯 」とも書かれ、中二病的にかっこいいです。

日本では鑑賞用のイメージが強いホオズキですが、ヨーロッパやアメリカでは食用として育てられています。
食用ホオズキは鑑賞用とは違い、ガクの部分がオレンジっぽくありません。
もっと白っぽくてカサカサしています。
実は甘酸っぱく、香りはフルーティー。
ビタミン類を豊富に含んでいるそうですよ。

ちなみに、鑑賞用のホオズキは毒性があります。
ヤギネは子供の頃、普通に鑑賞用のホオズキを食べてましたが、本当はあかんやつのようです(´・ω・`)

届いた商品について

今回購入したドライオレンジチェリーは、長野県佐久産の有機オレンジチェリーを使用。
生で食べることができる期間が限られているオレンジチェリーを「 1年を通してたべてもらいたい 」という生産者さんの想いから、低温でじっくり乾燥させて作ったそうです。

1袋10g入りで、こんな可愛いポケットサイズです。

百笑農房 ドライオレンジチェリー 食べチョク

購入時のお値段は3袋セットで770円(税込・送料別)でした。

ドライオレンジチェリーを食べる

では、さっそく食べてみましょう。
拡大するとこんな感じ。

種のツブツブが、ホオズキらしいですね。
ホオズキって水分が多いイメージなので、こんな風にドライフルーツになるなんてびっくりです。
香りはそんなに強くありませんが、遠い記憶の中のホオズキがふっと呼び起こされました。

食べてみると、甘酸っぱい味わいが口の中に広がります。
甘味>>>酸味といった感じ。
乾燥してぎゅーっと成分が凝縮されているので、むっちゃ味が濃いです。
以前食べた食用ホオズキのゼリーはアンズっぽい味だったんですけども、このドライオレンジチェリーはベリー系の風味がします。
それに、なんかちょっと南国のフルーツっぽい甘味も。
で、後味にほんのりとした渋みがあります。
その味わいは、大人のドライフルーツ。
今までのホオズキのイメージが大きく変わりました。

1粒は小さいんですけど、味が濃いのですごく満足感があります(*´ω`*)
ヤギネは今、ダイエット中なので(1㎏減ってまた戻るの繰り返し!)  、しばらくはお菓子を我慢し、甘味が欲しくなったらこのドライオレンジチェリーをちょびちょび食べて美魔女になろうと思います(・ω<)  

++まとめ++
・珍しいホオズキのドライフルーツ
・ベリー系を思わせる風味
・濃縮された濃い味!


以上、百笑農房さんのドライオレンジチェリーを食べた感想でした(・ω´・+)
最後まで読んでくれてありがと( ノ・ω・)ノ

 

お取り寄せに使ったサイト

 

 ・カラフルなドライラディッシュの感想