大人女子ヤギネの食レポブログ

熟女の食レポブログ。お取り寄せスイーツ、グルメを中心に、ちょっと変わった食べ物・飲み物を紹介しています。

甘とう美人っていうトウガラシを食べてみた【不器用な熟女の料理修行】

甘とう美人

甘とう美人を食べてみた

こんにちは、パートーナーとの生活を妄想して料理修行に励む熟女ヤギネでございます(・ω´・+)

今回調理します食材はこちら、「 甘とう美人 」

甘とう美人

美人だなんて、素敵な名前の野菜じゃないですか(*´ω`*)

先日お取り寄せした泉州産(もん)さんの野菜セットに入っていたやつでございます。

見た目はシシトウのようですが、甘唐辛子とのこと。
いったいどんな野菜なんでしょう?
初めて食べるものなのでワクワクします(´∀`)

甘とう美人について

甘とう美人は、甘唐辛子の一種です。
甘唐辛子は、辛い唐辛子の仲間(ナス科トウガラシ属)で、基本的にあまり辛くない種類の野菜。
代表的なのがシシトウですね。
「 辛くない 」といっても、育った環境によっては辛い物もできるようなので(ストレスを受けると辛くなるらしいです)、油断は禁物ですが(ノ´∀`*) 

甘とう美人は、有名な京野菜「 万願寺とうがらし 」の交配種で、見た目も味も似ています。
私は知りませんでしたが、近畿地方などでは馴染みのある野菜だそうです。
果肉が柔らかく、味はクセ、苦み、辛味が少なく、食べやすいのが特徴。

万願寺とうがらしよりも栽培しやすく、家庭菜園に向いている品種なんだとか。
実が曲がりにくく、質のよいものが収穫できるんですって。
 


ちなみに、ヤギネは万願寺とうがらしは過去に数回、調理して食べたことがあります。
万願寺とうがらしも甘唐辛子なのですが、毎回、辛いやつ引き当ててます(´∀`) 

甘とう美人を調理

では、さっそく調理してみましょう。

甘とう美人

身が曲がりにく品種とのことだったのですが、むっちゃ曲がってますね(`・ω・´) 
あまり美人ではないですが、まあ、味的には問題ないでしょう。

断面はこんな感じ。

甘とう美人 断面

種を除き、細切りにし、シンプルに塩コショウで炒めることにします。
夕飯兼お弁当のオカズ用です。

甘とう美人を炒める

ウインナーを入れちゃえ。

甘とう美人をウインナーと炒める

ちょっとコショウを入れすぎてますね(`・ω・´)
塩はなんとなくクレイジーソルトを使いました。

甘とう美人を食べる

では、実食です(・ω´・+)

甘とう美人を食べる

万願寺とうがらしで、すっごい激辛なの引き当ててるので、ちょっと用心しながらいただきます(`・ω・´)人

うん!
今回は大丈夫、激辛なの入っていない!(笑
苦みが少ない品種とのことですが、今回食べたのはピーマン的な苦みがありますね。
むっちゃ苦いってことはないんですけども、それでも「 どんな味? 」と聞かれたら「 ちょっと苦い 」って答える程度に目立ちます。
激辛は入っていなかったけど、地味に辛いのが1本くらい入ってたみたいで、ごくごくわずかにピリピリ感がありますね。
大人のシシトウって感じです。
落ち着いたシャープなお味。

いつも思うのですが、甘唐辛子って、決して甘くはないですよねヽ(´ー`)ノ
「 非辛唐辛子 」とかの名称のほうがしっくりくるんじゃないかと思ってます。
時々、辛いけども(笑
 

++感想++
・苦みがある大人のピーマンって感じ
・万願寺とうがらしに似ているけど、より育てやすい
・辛いものができることもあるので注意

 
以上、甘とう美人を食べた感想でした(・ω´・+)

 

 

野菜に関するその他の記事 

www.yagine.work

www.yagine.work

www.yagine.work