大人女子ヤギネの食レポブログ

熟女の食レポブログ。お取り寄せスイーツ、グルメを中心に、ちょっと変わった食べ物・飲み物を紹介しています。

コストコのアンガスビーフパイを食べた感想【ミートパイ】

コストコのアンガスビーフパイ

f:id:yagine:20190902065223p:plain

こんにちは、食レポ系熟女ヤギネでございます(・ω´・+)

本日紹介しますのは、先月、コストコに行った両親に頼んで買ってきてもらったこちらの商品。
FOUR'N TWENTYアンガスビーフパイ

FOUR'N TWENTY アンガスビーフパイ

箱がぼこぼこなのは、母・みえ子が冷凍庫の中に無理矢理詰め込んでいたからです(`・ω・´)

このアンガスビーフパイ、新商品として紹介されてたから気になってて。
赤ワインに合いそうだし美味しそう(*´ω`*)
さあ、いったいどんな食べ物なのでしょうか?

アンガス牛とは

アンガス牛は牛の品種の1つ。
スコットランド原産の小型の牛で、世界中で肉牛として飼育されています。
肉質が柔らかいのが特徴なんだとか。
この牛が登場したことにより、それまで煮込み料理主体だった牛肉がステーキとしても広く食べられるようになったんですって。
革命的な牛さんやんΣ(・ω・

アンガスビーフパイについて

このアンガスビーフパイは冷凍食品です。
原産国はオーストラリア。
150g×6個入りで、個包装になってます。

アンガスビーフパイ コストコで購入

この外国っぽい包装、むっちゃテンション上がる(*´ω`*)
大好きな洋画の世界に入り込んだ気持ちになるのです♡

アンガスビーフパイ 単体
サイズ感としては、若干小ぶりという感じですね。
常時ダイエット中の私としてはこのくらいでちょうどいいかなー。

アンガスビーフパイを調理する

さて、ではさっそく調理してみましょう。
まずは凍ったままの状態で、袋に入れたまま600Wの電子レンジで2分加熱します。
我が家の古いレンジは500Wなので適当に温めました(`・ω・´)

で、温めて袋から出したものがこちら。

アンガスビーフパイ 袋から出した

この状態で2分置けばもう食べられるそうです。
この2分は水分を飛ばすためなのかな??
でも、このままだと色も薄いしちょっと味気ないですよね(´・ω・`)

ここで更に一手間。
トースターで2分、オーブンなら180度で5分焼くと表面がサクサクになってより美味しくなるそうです。

トースターで2分焼いたものがこちら。

焼いたアンガスビーフパイ

うん、良い色(*´ω`*)
パイはこうでなくっちゃね。

アンガスビーフパイの味の感想

焼き上がったパイは夕食のメインディッシュにしました。

最近は野菜をいろいろ食べるように心がけております(`・ω・´)
今回は3種類のサラダを作ったよ。
赤ワインはエノテカで購入したスペイン産のやつ。

ビーフパイをナイフで半分に切ってみました。
包丁じゃなくてもキレイにカットできます。

アンガスビーフパイの断面

ジューシーで美味しそう(*´ω`*)

では、いただきます(`・ω・´)人

表面を焼かれたパイ生地はサクサク。
中の具はビーフシチューっぽい感じです。
でも日本のものとはまた違った異国っぽい味ですね。
本格的な西洋風。
ビーフパイってことで、もっと「 肉!!! 」って感じを予想していたのですが、シチューというかデミグラスソース(?)感が強いです。
もちろん、肉自体もちゃんとしっかり入っていますし、存在感はありますよ。
ちなみに牛肉の割合は36%だそうです。
パイ生地が思った以上に食べごたえがあって、小食気味の熟女には十分な量でした。
御馳走様です(`・ω・´)人

++まとめ++
・手軽に本格的なビーフパイが食べられる
・肉感よりもシチュー感強め
・パイがサクサクで美味しい


以上、熟女によるコストコで購入したアンガスビーフパイの食レポでした(・ω´・+)
最後まで読んでくれてありがと( ノ・ω・)ノ

 

 
コストコのNOEL骨なしハモンセラーノの食レポ

もっと読みたい人は