大人女子ヤギネの食レポブログ

熟女の食レポブログ。お取り寄せスイーツ、グルメを中心に、ちょっと変わった食べ物・飲み物を紹介しています。

水ナスで簡単に3品作ってみた【不器用な熟女の料理修行】

泉州産水ナス

f:id:yagine:20190628072607p:plain

こんにちは、妄想系熟女ヤギネでございます(・ω´・+)
本日も、パートナートの生活を夢見ながら調理したことのない野菜に挑みますね。

今回料理いたしますのはこちら、水ナス。

水ナス

大阪の泉州産です。
お取り寄せした野菜セットに入ってたやつ(`・ω・´)
普段、うちの近所のスーパーでは見かけません。

既製品の糠漬けなら何度か食べたことあるのですが、素の状態で手に入れたのは初めてです。
これはぜひ、糠漬け以外の方法で食べてみようではないですか(`・ω・´)

水ナスについて

水ナス

一般的なナスはアクが強く、皮も硬いため、生食には向いていません。
が、この水ナスはアクが少ない上に、水分量が多く、皮も薄いため生食に向く、珍しいナスです。
形は丸っこく卵型。
全国的に栽培されていますが、特に、今回手に入れた大阪府泉州産のものが有名です。
ちなみに、水ナスというのは品種群なので、いろいろな種類があるそうです。
私、完全に品種だと思い込んでましたΣ(・ω・

水ナスを料理する

では、さっそく料理してみましょう。
水ナスは父の大好物なので、父向けの料理にします。

切ってみると断面はこんな感じ。

水ナスの断面

生食向けのナスということで、火を通さずに調理してみましょう。
薄くスライスすれば、浸けこまなくてもすぐに浅漬けが作れるとのことだったので、まず1個目はシンプルにミョウガ(冷蔵庫の野菜室に眠っていた)と一緒に白だしで和えてみます。

水ナスを白だしで会える

白だしはこちらの特薦白だしかき醤油を使用。
通販限定品でございます。

特選かき醤油白だしアカムラサキ

最近発見して購入したのですが、市販品よりも甘味が強い気がします。
私、甘めの味が好きなので重宝してます(*´ω`*)

で、完成したものがこちら。

水なす白だしあえ

食べてみると、あっさりしてて、ほのかに甘味があります。
生のナスなのに、クセがほとんどない!
ナスのアクを抜いて、美味しさだけそのままにした感じ。
皮も全然きにならないです。
水分量が多いので、実のパサつきもありません。
さすが水ナス(`・ω・´) 

父の夕飯に出したところ、どうやら白だしが甘すぎたようで(私は好きだけども、塩辛いものが好きな父には物足りなかったらしい)、味噌であえて欲しいというリクエストが。

そんなわけで、同じ材料を地味噌(塩分が強いのが特徴)でシンプルに和えてみました。

水ナス味噌あえ

こちらは父に好評でした。
味噌の場合は、即席じゃなくて、一晩くらい寝かせたほうが味が染みてイイ感じなりましたよ。

残りの1個は1日漬けるタイプの漬物にしてみました。
ビニール袋に切った水ナスを入れ、ゴマ油、ゴマ、麺つゆでちょっと中華風。

水ナス漬物

漬物やピクルスを作るときはいつもビニール袋を使います。
すごく便利!

で、1晩漬けたものがこちらです。

水ナス漬物中華風

イイ感じに使ってます(*´ω`*)
浅漬けよりもしっかりと味が染みている感じてます。
常備菜にいいですね。
水ナス本来の味が楽しみたいなら、浅漬けのほうがより素材の味がします。

あとでレシピをいろいろ調べたところ、サラダにしたり、シンプルに生ハムを挟んでオードブル風にしてもいいみたいです。
なにそれ美味しそうΣ(・ω・

追加料理:生ハム+水ナス

というわけで、後日、再び水ナスを手に入れて生ハムを組み合わせてみました。
そこにオリーブオイルと粗挽き胡椒とクレイジーソルトをトッピング。

水ナスと生ハム

あっさりして、美味しいオードブルになりました(*´ω`*)
アクが少なく水分が多い水ナスだからこそできる一品ですね。
ごちそうさまでした!

 

++感想++
・漬物に向いたナス
・小さくてかわいい
・お手軽に料理できて便利


以上、水ナスを料理した感想でした(・ω´・+)

 

 

野菜に関するその他の記事 

www.yagine.work

www.yagine.work

www.yagine.work